2018年1月16日火曜日

国風盆栽展


恒例の国風展もそろそろ100回の大台に近くなってきました。この100回のことは盆栽界に長くいると案外あたりまえの感じで、今年もまた国風シーズンがやってきた、などと気楽に形容していますが、一言で一世紀続くというのはすごいことですね。

ましてやその100年の間に日本国は、開闢以来といえる未曽有の大ピンチを経験して、あわや滅亡するのではないかというほどの経験までしているわけです。

国家の総力を挙げて世界中を相手にした大戦争に負けたのですから、日本という国が地球上から亡くなっても不思議はありません。ともかく、よくも日本人が地球上に生き残ることができたとも思えるほどの歴史的な戦争だったはずです。

ところが、戦中戦後の花より団子の時代にさえ日本古来の伝統文化の復活と発展を願う人々は存在したのですね。この記念帳に載っている数々の銘木や銘器が今日まで受け継がれている例はすくなくありません。

一世紀も前の銘木や銘器の雰囲気に触れながら、伝えられてきた盆栽文化に敬意を払いたいと思います。

昭和10年1月1日発行の第2回国風盆栽写真帳。実際に展示会が開催されたのは前年の12月4日より同10日までの6日間でした。場所は現在の上野公園にある東京都立美術館です。

右側の上のページが旧の都立美術館(昭和43年ごろ改築)で、左中央には会長・松平伯爵夫人の姿が写っています。

上のページの一席は巣鴨の斉田衆芳園主のもので、下はこれまたあまりにも名を知られた原田峯雲作の銅水盤のプロデューサー役を果たした鈴木豊香園主の席飾りです。

いずれも近代の盆栽史上でも重要な役目をになった大家です。


(スキャンするために(ページが曲がってしまいましたが、この席が会長・松平頼寿伯爵の席で下が副会長の酒井忠正伯爵の席飾りです。

国風展の写真帳は、全巻の揃ったものが世の中に2~3組あるそうです。私も昔は全巻の蒐集を志して第一回とこの第二回から揃えようと思ったのですが、途中でその道の遠さに気がついてわりと早めに挫折しました(笑)

ちなみに30年ほど前にオークションで落札したのですが、初回本は10万円で、この二回目本は3万円だったのを覚えています。

暇を見ながらもう少し鮮明にお見せするように努力してみます。では。








2018年1月14日日曜日

東福寺の落款の癖

近代(明治以後)に活躍した盆栽鉢作家の中で、初代平安東福寺ほど多種多様な落款を用いた作家は他にいたでしょうか?

まあ少ない例としては、無落款が当然とされているほどの大家竹本隼太や、これも無落款の比率の多い市川苔州などの例を挙げることができますが、多い例としては東福寺の印象が圧倒的と言えるでしょう。

ざっと思い出してみても5ッや10では数えきれないくらいでしょう。おそらく20個くらいにはなるでしょうね。

話が逸れました、そうそう、今日しようと思っていたのは東福寺の落款の数の話ではなくて、その捺し方(正確には位置)に特徴がある、と云うことでしたっけ!

この特徴は話せば簡単なことで、見分けも容易だし、私の経験ではかなりの確率(100%に限りなく近い)で的中していると思えるので、みなさん、覚えておいてくださいな。お役に立つと思いますよ。

では具体的に・・・

東福寺の手捻り丸鉢に多く見受けられる「東福寺」の、いわゆる「ハンコウ落款」の場合。

これは焼き締めものですが、釉薬ものでもおなじことです。

縦に三文字の「東福寺」の印は鉢底の左側の、わりとギリギリの位置に捺されているのです。私は長い盆栽人生のうちで、右側に捺されているものを未だ且つて見たことはありません。

「東福寺」はこのように鉢底の左側ギリギリの場所に捺されています。ですから右側であれば極端な話ですが、贋物の可能性さえあるわけです。仮にそれが本物であったとしたら、ある面非常な珍品といえるでしょう。

以上今日はささやかな知識の公開でしたが、覚えておくと便利ですよ!
ただし、鉢が手捻りの丸鉢であり、落款が画像のような「東福寺」の「ハンコウ落款」であることを前提としておいてくださいね。

2018年1月13日土曜日

格安楓の部分活用

写真の大きな楓、もらったわけではなくましてや不法に入手したもの(笑)ではありません。正月のまだ松の内に遊びに行った近隣の交換会で、大き過ぎて誰も買い手がつかないのを買ったんです。もっとも正直なお話し、買った値段が5,000円となると大きな声では憚られるほどの格安ですよ。

それに安く買った方がいうのは何ですが、この楓をその値段で手放した方も、現役の盆栽屋としての根性とプライドが不足してやしませんか?素材の資質や個性を精一杯引き出してやるのが盆栽人の務めです。

ひとの努力や技術に限界があることは認めますが、関わり合いをもった盆栽たちの能力を高めるための努力を惜しんではいけませんね。

樹高は80㎝で足元(根張り)付近んの幹の直径は30㎝もあります。根張りの正面に大きな古傷がありますが、筆者は自らの構想に集中しているせいか、まったく無視!

盆栽屋.comの関心はもっぱら樹高の上部三分の一に集中しています。どうやら取木による上部の活用を考えているようです。

向かって左の2本の枝には捨てがたい模様があり、同じ高さから出ている向かって右の枝は取木後に正確な構図がはっきりするでしょう。

現在では上部にもゴツイ部分がかなり見受けられますが、雑木らし自然な趣を尊重して培養を繰り返します。

取木後の課題は、まずゴツイ部分を削った痕跡の治癒と、株立としての格のある構図作りでしょう。きっと張り合いのある将来になると思っています。

今年の入梅前の作業を予定しています。お楽しみに!


2018年1月12日金曜日

大幅リニューアル

年の秋ごろからやっと腰が持ちあがった、我が「盆栽屋.com」のリニューアル。ともかく長い歳月の塵や埃や欠陥の掃除や修理はもちろん、何よりも18年の間に褪せてしまった新鮮な色彩を取り戻さねんばなりません。そんな訳で、暮れから正月もオチオチできず、引越し作業に追われる毎日です。
つきましては、長い年月にわたる温かい応援、誠にありがとうございました。リニューアル達成のあかつきには、旧来に倍したご鞭撻を誠心よりお願い申し上げる次第です。

さて、このような節目の時にいるからでしょうか、「盆栽屋.com」を立ち上げる直接のキッカケになる当時のある場面が思い出されて仕方のない私です。

それは2000年の3月でした。

商売用の盆栽撮影用にアナログのバカチョンカメラを買いに出かける私をつかまえた我が家の息子が、何の説明もせずにとにかくデジカメがイイと強く勧めました。

それを真に受けた私は、デジタルとアナログの区別も皆目わからないままに、国道沿いの量販店でキャノンのコンパクトデジカメを買ってきました。ところが息子はこのときになって、初めて私に向かっていったのです。どうしてパソコンとプリンターも一緒に買わなかったの?

なんということか、そのときになって私は初めて、デジカメにはパソコンとプリンターが揃っていなければ写真を刷ることができないという、ごく初歩的な知識を知らされたのです。息子も息子です。自分の親の知識のレベルぐらいわかっていたはずなのに。

ともかく、大学一年生だった息子もインターネットの初歩的な知識は知っていても、自宅でパソコンを必要とするほどの時代ではなかったのでしょうね。まあ時代は新旧の入れ替るスレスレというかギリギリの端境期だったのですね。

そのときを境にして、時代に触発されたのか、ハタマタやけのやんぱちになったのか、パソコンとプリンターを購入した私は、憑かれたようにパソコンと大格闘の連日となり、寝食はもとより盆栽の水やりも忘れるくらい!?の日常となってしまったのです。

そしてとうとう、数ヵ月後の81日には、自作の手造りホームページ「盆栽屋.com」を立ち上げて公開してしまったのです。もちろんボロボロのガタガタのツギハギだらけですが、当時の記事を顧みると、壮年時代の情熱の残滓もまだ僅かに窺える気がいたします。


という訳で「盆栽屋.com」は嘘も隠しもなく、このデジカメ事件が直接の契機になって生まれたものです。まさしく「あぁ、あれから18年」ですね。

みなさん、長い間お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月11日木曜日

小葉性もみじ舞姫取木超ミニ

取木素材の成長を順を追って説明します。

2016(平成26年)の入梅前に取木して約1ヶ月で台木より取り外し。その後半年間は仮植え。
2017(平成27年)の春に根元の処理と根さばきをして仕立て鉢にて養成する。秋に大雑把な骨格作り。
2018(平成28年)の春に剪定後化粧鉢に移して骨格の適性の見極めをしながら培養期に入る。

こうしてみると、取木をかけるまでの台木作りまででも数年かかるので、今日ご紹介する超ミニ(樹高5~6cm)クラスでもちょっと楽しめるまでには最低5~6年はかかりそうです。

両方とも樹高が5~6cmの株立ち状ですが、もうこれ以上は大きくしてはいけませんね。
超ミニ盆栽としてのかわいさがなくなってしまいますね。

台木の芯にあたる頭の部分を約2シーズンにわたり摘み込んでおきました。ですから足元はわりと成長しているので力強く見えます。 
















細幹の株立ちです。春から入梅ごろまで力をつけておいて、5月半ばの葉刈りに時期にやや強めに追い込んでみたら面白いでしょうね。その時にしっかりと将来の構想を練っておきましょう。













                                                              
   
                       

2017年12月24日日曜日

紅葉と剪定の適期

盆栽屋の棚に培養されている紅葉のきれいな樹種に限って、剪定との兼ねあいから紅葉をたっぷりと楽しんでからおもむろに剪定にかかると云うわけにはいかないようです。

紅葉が次第に深まって最盛期になるちょっと前ごろだと、剪定によって樹液が噴き出すなんてことはめったにないので、剪定によるダメージなどの心配はほとんどいりません。


この織姫もみじ(舞姫もみじの兄弟実生種)は今年になって枝がよくほぐれてきたせいで、全体の葉が小さく揃い始めました。そのせいか、紅葉があまりにみごとだったので剪定を後回しにして紅葉の鑑賞を優先させました。いかがですか、きれいでしょ!?

樹勢を保ちながら、このくらいにしまった樹形で紅葉も同時に楽しめるのは、普通の山もみじではちょっと難しいでしょうね。やはり織姫(舞姫と兄弟実生種)の優れた特性のお蔭だと思います。


ついでに、この織姫の樹形と今後の管理についての予定をお話しておきましょう。この織姫は数年前に正面を変更している関係で、背中に太い後ろ枝を背負っています。

大袈裟に言うと、この枝はまさにこの木が背負っている宿命的なものにもさえ見えてきます。なんとかきれいに除去してやりたいものです。それには術後の治癒が問題ですが、焦らずにじっくり取り組めば可能な感じがします。


右側面から背中の後ろ枝が見えますね。この枝を外すのは来年の入梅前後と考えています。成功するか失敗するかはわかりませんが、とにかく前向きな姿勢で行きましょう。。

術後に数年はかかるでしょうが、傷さえ治ればめったに見られない小葉性のもみじの名木として復活するのは間違いありません。。

それでは!

2017年12月22日金曜日

振り苔の方法

日本庭園や盆栽にとって苔の重要性は改めて言うまでもないものですが、盆栽人はけっこう苔の量や質、さらには維持管理上の問題などで悩まされています。

そこで今日は「振り苔」という簡単な技巧を覚えていただいて、苔の質と量の悩みを一挙に解決してしまおうという寸法。時間的にはそのものずばりを張っていく「張り苔」にはとてもかないませんが、量の点では圧倒的に優勢です(笑)

石垣やブロック塀に生えている乾性の苔がいい。


1.0㎝未満の粗目のフルイでよく乾燥させてからウラゴシする。


よく揉み込むようにして無駄なくウラゴシする。


1.0mmの細か目のフルイで砂・土・ゴミなどを除去。


細かい繊維だけとなった苔。


ていねいに最後の繊維までウラゴシする。


鉢土を湿らせておいてから乾いた苔を表土に振りかける。この場合、指先で強く圧迫するする必要はない。霧吹きで軽く吹いて苔をならす感じで十分です。。


フアフアと綿のような苔を表土に軽くまぶして霧水でならすという寸法です。


表土を指でこねくり回さないのが一番のポイントといえるでしょう。

一日数回の霧水をやれば一週間ほどで苔の緑が濃くなってきます。張り苔とちがって自然味のある風情が楽しめます。見ごろまでには2週間以上かかりますから、観賞期から逆算して早めに施術しておきましょう。

それでは!

2017年12月11日月曜日

山もみじ変形樹形

筏吹き、根連なり、株立ちの三樹形は、よく似てはいながらも、成り立ちの過程によって、見方によって、そして見る人の想像力や判断によって、表現の異なってくることはあるものです。

盆栽屋.comのオヤジが今日ご紹介するお気に入りの山もみじの小品が、まさにそのいい例です。

樹高は12㎝で左右の幅は18㎝ほどあって、とても葉性(はしょう)と枝性(えだしょう)の優れた山もみじです。

樹齢は20年を超えているでしょう。恐らく左右の両側の下枝を地面に這わせ、周辺に吹いた不定芽を株立ちのように立ち上げたのでしょう。見ようによっては根連なりや筏吹きにも近いですね


すべての葉が落ちました。一年間の小枝の成果をじっくりと眺めるうれしい季節です。


これから細かい不要芽や枝を根気よく整理していきます。


時間をかけてゆっくりと不要な芽や小枝を整理します。落葉期の今が剪定にもっとも適した季節です。

ところであなたはこの山もみじの樹形を何と呼びますか、株立ち?根連なり?筏吹き?

2017年12月8日金曜日

超ミニ舞姫もみじ

樹高わずかに4.0㎝、舞姫の挿し木苗の細い先端を取木して数年ハサミで作り込みました。針金はいっさい使っていないので小枝の先はまだ硬さが感じられますが、それだけに枝の風情は自然です。

それにしても、いくら小葉性(こばしょう)の舞姫もみじでも4.0㎝の樹高で仕上げるのはなかなか大変。本格模様木の限界サイズは3.0㎝くらいと予想はしているのですが、とにかくチャレンジ、チャレンジ、チャレンジ!


こんなふうに傾けた角度で植えつければ幹の動きが出ると思います。水色系とか黄色系の楕円鉢をイメージしていますが、少々無理をしてでも小さめの鉢に入れようと思います。

















超ミニサイズは可愛さがもポイントになりますが、やはり盆栽の真髄は本格派の模様木にあります。いくらサイズが小さくとも真髄へのチャレンジ精神を忘れないようにがんばりたいですね。

芯のあたりに力が集中して節間(せっかん)の長い小枝がありますから、これらは少しずつ外すようにします。サイズの小さな盆栽にと言っては、とにかく節間(せっかん)の短い小枝が何よりもたいせつです。

それでは、本格派の模様木を目指して頑張ってみます。


2017年12月5日火曜日

真柏のジンの長さ

濃い緑色の葉と赤茶色の幹肌と、加えてジンやサバの白色が絡み合う真柏の色彩美は、松粕類の中でもひときわあでやかな装いが感じられます。

それ故か、アマチュアの方がジン付きの真柏を作った場合、ともするとそのジンが長過ぎる場合をよく見かけることがあります。

そこで今日は、つい最近市内の交換会でセリ落とした真柏小品(樹高16㎝)を例にして、ジンの長さについて勉強してみましょ


バックが白いのでこれまた白色のジンが見えにくくてごめんなさい。さて、手前の肩あたりにあるジンは形もよく締まっていて、自然界の力でもぎとられたような力が感じられます。

比べて裏側の下枝の細いジンは、ちょっと長過ぎるのとのっぺりとしているのとで、厳しさが感じられないので雰囲気に緩みが出てしまうようです。

そうです、ジンはお飾りではないのです。

なるべく目立たないようにしながら、あるべきところにはある、という感じで雰囲気を盛り上げる役目を担っているのです。


細くて長い、力の感じられないジンでは風景に厳しさが出てきませんね。


新しい正面を模索しています。左の肩のあたりのジンはまったくいじってはいませんが、やや左へ振った新正面の方が動きがあるようです。ジンも短く切りつめたので見る者の目が前のジンに集中します。


新正面


フトコロにあった長くて細めのジンはすべて短めに切り詰めたので、景色全体がコンパクトにまとまるとともに、より主要な見せ場である左肩の部分に力が集中されたようです。

それでは

2017年12月3日日曜日

移動式紅葉一石二鳥

数年前に、当時としては太さも樹高も大きめの舞姫の素材苗を3本ほど、口径1尺(30㎝)の大きな仕立鉢に植えて思いっきり伸ばしっ放しにしてみました。もちろ水はけのいいようにゴロ土をたっぷりと入れて、ぜんたいに粗目の赤玉土でざっくりと植えました。

すると、植えたその年はたいしてえ目立った成長はしませんでしたが、2年目以後の生育には目を見張るものがありました。やはりある程度鉢内に根が張ってからのほうが養分の摂取がうまくいくようです。


















3年間徒長させておいた結果、足元は子供の手首くらいに太くなり、樹高は1mに近いほどに成長しました。当初私はこれらの模様の面白い処に取木をかけて盆栽素材をゲットする狙いだったのですが、この紅葉の見事さを見た私は、もう一つの欲張った目的を思いつたのです。

来年にはこの鉢植えをあと10鉢ほど増やし、春の芽出し時、若葉の季節、さらには秋の紅葉の時期など、その都度見ごろによって庭のあちらこちらに移動してたら楽しいだろうと。


紅葉の色彩は個々の鉢の栄養状態や健康状態、さらには日照条件によって微妙に変化するはずですから、普段から培養状態を意識的に違えておけば楽しさも倍増するでしょう。

盆栽素材の肥培と移動式紅葉の生垣とでもいいましょうか、欲張った計画は来年にむけてすでに走り始めたようです。

では!

Twitterはじめました

2017年12月2日土曜日

舞姫もみじの株寄せ

幹立ちの数からすると、単幹、双幹、三幹、その次に四は抜かして五幹と数えていくのが順当でしょう。中でも。最も避けたい数は、一目で偶数であることがわかってしまう四幹でしょうね。

その次ぎの六幹以上の場合は、偶数ではあっても一応数えてみないと、目算では奇数か偶数かを瞬時に判別しにくいですね。そんなわけで、もし六幹立の名木が存在したとしても、偶数を嫌って本数を減らされることはめったにないでしょう。

ところが、四幹となるとこれは一目で偶数であることが識別できてしまうので、ほとんどの場合、一本増やすか減らすかの具体的な選択を迫られることは必定といえましょう。


さて、昨年の春に化粧鉢に植えた舞姫もみじの超ミニ取木素材ですが、どうした加減か四幹立ちになってしまいました。そのうえ4本の幹がどんぐりの背比べで高低差がないので、どうにも恰好がよくありません。


そこで閃いたのが、本数を増やして風景を再構築すること、つまり寄せ植えです。


あまり幹数が多いとミニの雰囲気がなくなるので、5~6本立の小さな景色をイメージしてみました。あらかじめ二つの風景を重ねてみて、イメージを膨らませてみます。


小さめの鉢を使って足元はなるべく締まった感じにします。向かってみ右側に奇抜な感じの景色を演出し、左方向への強い動きとのバランスをとりました。


複数本の二つの根のグループを調和よく収めるのが難しい。さらに各幹がぐらつかないように麻ひもや針金で固定します。
















4本と2本のグループ間の調和がとれました。右にやや傾けた主幹一本と残りの五本の力関係が=になっていますね。このバランスがこの構図の見せどころです。

ちなみに、主幹の高さは14㎝で、その他の子幹は8.0㎝くらいです。小葉性(こはしょう)の舞姫もみじの場合は、あまり樹高のある寄せ植えよりも、このくらいの小さなものが似合うと思います。


後姿
この風景は六本の幹から成り立っています。しかし、一目では目算できませんね。このような場合では偶数であっても合えて拘る必要はありません。構図を主体にして堂々とこのまま作り込んでいきましょう。

2017年11月27日月曜日

フリースクール・けやき超ミニ
















昨日は、今月最後のフリースクール講習日。ここ数日朝晩の冷え込みは厳しくなって霜も降り始めました。まさに本格的な盆栽シーズンの到来ですが、手入れの順番としてはまず雑木類の剪定から始めるのが定石でしょうね。

というのも、雑木の代表格であるもみじやカエデ類は晩秋の休眠期に入るのも早いけれど、早春のお目覚め時期もすこぶる早い。12月の末ごろにうっかり切り込むと樹液がポタポタと吹き出してくることもあります。

その様を見ると、人間に例えれば多量の出血を見るようで決して気持ちのいいものではありませんね。ですから雑木の剪定はできるだけ早く、そうですね、12月の半ばごろに終わらせたいですね。その適期を逃した場合は春先に根の剪定と同時に行うようにします。

さて、今日ご紹介するのはツカさんが取り木から仕立てたけやきの超ミニ。細いれど姿といい古さといいかなりの優良品ですね。それに双幹体なのが珍しくて新鮮です。ここまで来ればあと1年枝先の面倒を見て、来年度は展示会の松粕類の添えとして使いましょう。まだまだ伸びしろのある超ミニですよ。気合を入れてがんばりましょう。

2017年11月21日火曜日

舞姫もみじの紅葉

舞姫もみじは、細かい枝先の分岐や、切れ長の細く端正な葉形などに他の種類にはない強い特性があります。ところが、それらに加えてその濃い鮮やかな紅葉時の色彩が、他の紅系の優良種に比べても遜色ないということがわかってきました。


取木をして株立状に仕立てている超ミニの舞姫ですが、葉刈りもしないのにこのように真紅に紅葉します。出猩々なみの色彩ですが、出猩々では葉肉が薄いのでなかなかここまできれいに紅葉しきれませんね。

その点、舞姫もみじではさほどの努力をしなくとも、この程度には簡単に紅葉するのですから、有り難いです。


ちょっと日当たりの鈍い場所でも、この程度に色彩がでました。あと数日強い日差しに当てればもっと濃い紅葉に変化するでしょう。片側は緑色で、日当たりのよい方が虹のように変色していてとてもきれいです。


このミニも真紅の紅葉が見事です。よく日に当てて水も切らさぬようにていねいに管理するのが美しい紅葉を見るコツです。


日光の移動とともに紅葉の色彩も変化しています。


舞姫の切れ長の小さい葉は持ち込むほどに大きさが揃ってきます。揃って密になった葉がいっせいに紅葉すると、みごと盆上に美しい自然が再現されます。

適度な日照、寒暖の差、適切な水やりの三要素が美しい紅葉の源です。


追加の画像です。枝数がふえて芽数が多くなると舞姫の葉はさらに細かくなって、大きさもきれいにそろいます。その揃った葉がいっせいに紅葉すると非常にきれいです。


フトコロの部分はまだ緑が残り、枝先は濃い紅色に染まり、微妙な変化が楽しめます。